ヒーロー 靴をなくした天使 (1992) : Hero

1人のコソ泥が自動車運転中に偶然遭遇した飛行機事故の乗客を救出したことから巻き起こる騒動を描く風刺コメディ。現代人にとっての英雄ヒーローとは何かをテーマに描く。監督はスティーブン・フリアーズ。イヴィッド・ピープルズの原案をピープルズが脚本化。撮影はオリヴァー・ステイプルトン。音楽はジョージ・フェントンが担当。

監督:スティーブン・フリアーズ
出演:ダスティン・ホフマン、ジーナ・デイヴィス、アンディ・ガルシア、ジョーン・キューザック、ケヴィン・J・オコナー、モーリー・チェイキン、スティーブン・トボロウスキー、チェビー・チェイス

靴をなくした天使 (1992)のストーリー

コソ泥のバーニー・ラプラント(ダスティン・ホフマン)は、6日間の保釈延長を言い渡されるが、彼には別れた妻エブリン(ジョーン・キューザック)との間に息子のジョーイがいる。バーニーがジョーイを映画に連れていく約束の日、バーニーの車はエンスト。彼の目の前に一機の飛行機が落ちてくる。機内から助けを求める声がして、悪態をつきながらもバーニーは乗客たちを機の外へ運ぶ。彼は現場へ片方の靴を残したまま立ち去る。飛行機に乗っていたテレビ・レポータ、ゲイル・ゲイリー(ジーナ・デイヴィス)は、乗客たちを助けてその場を立ち去った恩人を探すべく賞金100万ドルをつけてテレビ番組の中で探し回る。名乗り出たのはジョン・バーバー(アンディ・ガルシア)。彼は事件の鍵となったバーニーの靴を事件の直後にバーニーから貰い受けたホームレスなのだが、彼は一躍マスコミからヒーローとして祭り上げられる。その頃、本当のヒーロー、バーニーはゲイルの財布から盗んだカードを売ろうとして警察に捕まってしまう。ジョンはテレビでホームレスの救済を訴え、彼の言動は多くの人々に感銘を与え、彼とゲイルの間には愛情が芽生え始める。だが、次第にジョンの罪悪感は募り、ついには飛び降り自殺をはかる。その時、保釈されたバーニーが飛び出した。バーニーはジョンにある取引を提案する。真実を公表しないが、代りに息子ジョーイの学費を負担せよ、と。ジョンは承知し、自殺を思いとどまる。その後バーニーはジョーイにだけは本当のことを話してやるのだった。

関連記事

  1. マッド・シティ (1997) : Mad City

  2. スフィア (1998) : Sphere

  3. ジャンヌ・ダルク (1999) : The Messenger

  4. ウワサの真相/ワグ・ザ・ドッグ (1997) : Wag the Dog

  5. アウトブレイク (1995) : Outbreak

  6. フック (1991) : Hook