ジョンとメリー (1969) : John and Mary

大都会の若い男女の愛の24時間を描いた作品。監督は「ブリット」のピーター・イエーツ。マーヴィン・ジョーンズの同名小説を脚色したのは「シャレード」の原作者ジョン・モーティマー、撮影はゲイン・レシャー、音楽をクインシー・ジョーンズ、衣装はアンシア・シルバートが担当。

監督:ピーター・イエーツ
出演:ダスティン・ホフマン、ミア・ファロー、マイケル・トーラン、サニー・グリフィン、スタンリー・ベック、タイン・デイリー

https://youtu.be/BFBRSkpnfr0

ジョンとメリー (1969)のストーリー

大都会ニューヨークの朝。ジョン(ダスティン・ホフマン)とメリー(ミア・ファロー)は同じベッドで目をさました。昨夜、あるスナックで2人は初めて知りあったのだが、その後の記憶がお互いになかった。熱いシャワーをあびるメリー。朝食の支度をするジョン。2人はそれぞれに相手のことに気をくばりながら、朝の時間をすごすのだった。メリーが化粧している間に、ジョンは彼女のバックの中にあった中年の男の写真をみつけ、ちょっとやきもちをやいた。その写真の男は、メリーの以前の恋人のジェームズ(マイケル・トーラン)であった。彼女の心には、その恋の記憶がよみがえってきた。大学教授で妻子のある彼との、人目をしのんだ恋。でも、楽しかった日々。ぼんやりとそんな想い出にふけっているメリーを見て、ジョンは以前同棲していたファッション・モデルのルース(サニー・グリフィン)のことを考えた。しばらくして、2人は昼食をとった。そして、メリーはまた寝てしまった。いつしか雨が窓ガラスを打っていた。やがて別れの時間がきた。ジョンがメリーをひきとめる言葉を頭の中で考えているうちに、メリーは雨の中を去って行ってしまった。彼女が帰った後、ジョンはひどく後悔をし、あてもないまま、ニューヨークのここかしこを探しまわった。しかしどこにも彼女の姿は見つからなかった。疲れはてて部屋に帰ってきたジョン。だが、そこに待っていたのは、メリーの可愛い姿だった。顔を見合わせた2人は、はにかみながらも、お互いの心を了解しあった。そして、初めてお互いの名を告げるのだった。「ぼくはジョンだ」「私はメリーよ」

関連記事

  1. 卒業 (1967) : The Graduate

  2. Dustin Hoffmanの出演映画リスト

  3. 真夜中のカーボーイ (1969) : Midnight Cowboy